Ver 8.0
  
 
 
  ( 日  本 )
  
  
    
[画像] 世界文化遺産(2016年登録)  ”国立西洋美術館 (3)” を訪れる
  

国立西洋美術館、中庭を望む  
  
  
  
 
 
  
 <世界自然遺産 白神山地(4)>   十二湖    白神岳    白神ライン   <世界遺産 平泉(12)>   平泉中尊寺   平泉毛越寺 
 <世界文化遺産>           国立西洋美術館(1)  美術館(2)  美術館(3)  
NEXT 美術館(1)



 
世界文化遺産登録 ”ル・コルビュジエの建築作品”

( 世界遺産  2016年  月登録 )


 

 東京都上野公園にある国立西洋美術館(こくりつせいようびじゅつかん)は、1959(昭和34)年、フランス政府から日本へ寄贈返還されました「松方コレクション」を保存・公開するために設立された美術館です。


                            (国立西洋美術館HPより)



 
     
 
 





 1.世界文化遺産 ”国立西洋美術館(3)” を鑑賞する
 
     
 国立西洋美術館
 (こくりつせいようびじゅつかん)
 世界文化遺産登録
 ル・コルビュジエの建築作品
 東京都 台東区
 (撮影 2018.03.14)
 「松方コレクション」を築いた松方幸次郎(1865‐1950)は、明治の元勲で総理大臣も務めた松方正義の三男です。旧制一高の前身である大学予備門からアメリカに留学して、エール大学で法律の博士号を取得し、ヨーロッパ遊学を経て帰国後、父親の秘書官などを務めました。神戸の川崎造船所の創業者である川崎正蔵に見込まれ、1896年(明治29)年、同社の初代社長に就任しました。一時は神戸新聞、神戸瓦斯などの社長も兼ね、神戸商業会議所の会頭や衆議院議員にもなった人物です。    (ウィキペディアより)


(Size : 3,276KB) 国立西洋美術館にて、中庭を望む 国立西洋美術館、展示室を望む







 2.世界文化遺産 ”国立西洋美術館(3)” を鑑賞する 
【 松方コレクションについて 】  

 松方幸次郎が美術品の収集を始めたのは、第一次大戦中のロンドン滞在時のことです。大戦により造船で多大な利益を上げた松方は、1916(大正5)年から約10年の間にたびたびヨーロッパを訪れては画廊に足を運び、絵画、彫刻から家具やタペストリーまで、膨大な数の美術品を買い集めました。現在は東京国立博物館が所蔵する、パリの宝石商アンリ・ヴェヴェールから買い受けた浮世絵コレクション約8千点を含め、彼が手に入れた作品の総数は1万点におよぶと言われます。しかし、松方が美術にこれほどの情熱を傾けたのは、自らの趣味のためではありませんでした。彼は自分の手で日本に美術館をつくり、若い画家たちに本物の西洋美術を見せてやろうという明治人らしい気概をもって、作品の収集にあたっていたのです。
                                 
(るるぶ.comより) 

 


国立西洋美術館、新館の中庭に面した2階屋上を望む


国立西洋美術館、2階屋上を望む 国立西洋美術館にて



google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)
 







  @お気に入り写真 (版画素描展示室にて)
 




国立西洋美術館にて






国立西洋美術館、版画素描展示室にて




国立西洋美術館、版画素描展示室にて






版画素描展示室、マルク・シャガール( 1887年 - 1985年)作、『赤い鶏』、1952年制作(版画 33.0 x 48.0cm)




国立西洋美術館、版画素描展示室を望む



版画素描展示室、ジョアン・ミロ(1891年-1983年)作、『絵画』、1953年制作(油彩/カンヴァス 200 x 200.7 cm)


 
   Aお気に入り写真




国立西洋美術館、展示室を望む




ポール・ゴーガン(1848年 - 1903年)作、『海辺に立つブルターニュの少女たち』、1889年制作(油彩/板 92.5 x 73.6 cm)




ダンテ・ガブリエル・ロセッティ(1827年 - 1882年)作、『愛の杯』、1867年制作(油彩/板 66 x 45.7 cm)



ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841年 - 1919年)作、『帽子の女』、1891年制作(油彩/カンヴァス  56 x 46.5 cm)


 
   Bお気に入り写真




国立西洋美術館、展示室を進む






ピパブロ・ピカソ( 1881年 - 1973年)作、『アトリエのモデル』、1891年制作(油彩/カンヴァス  50 x 61 cm)






ピパブロ・ピカソ( 1881年 - 1973年)作、『男と女』、1969年制作(油彩/カンヴァス  190 x 130 cm)




国立西洋美術館、中庭を望む。軒天の打放しコンクリートと丸柱が印象的です




国立西洋美術館、展示室を望む、右側が中庭になります






国立西洋美術館、展示室より中庭を望む





国立西洋美術館、前庭にて






NEXT 美術館(1)
 <世界自然遺産 白神山地(4)>   十二湖    白神岳    白神ライン   <世界遺産 平泉(12)>   平泉中尊寺   平泉毛越寺 
 <世界文化遺産>           国立西洋美術館(1)  美術館(2)  美術館(3)  

  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止