Ver 8.0
  
 
 
  ( メ キ シ コ )
  
  
    
[画像] メキシコ キンタナ・ロー州 ”トゥルム遺跡” を訪れる (2)

トゥルム遺跡、左:”フレスコ画の神殿”、中央:”中央神殿(エルカスティージョ)”を望む  
  
  
  
 
 
  
< メキシコ >   エル・レイ遺跡(カンクン)  グランセノーテ(カンクン)   トゥルム遺跡(キンタナ・ロー) (1)(2)  プラヤデルカルメン(キンタナ・ロー)  
< Next プラヤデルカルメcン(キンタナ・ロー) >






 1.メキシコ キンタナ・ロー州 ”トゥルム遺跡”を訪れる (2)
 
     
 トゥルム遺跡
 (とうるむいせき)
 マヤ遺跡
 メキシコ合衆国 キンタナ・ロー州
 (撮影 2018.12.03)
 トゥルム遺跡(トゥルムいせき)は、メキシコのカリブ海に面したユカタン半島東海岸のキンタナ・ロー州にある遺跡です。マヤ文明末期に栄えた城壁都市の遺跡で高さ12メートル(39フィート)の崖の上にあります。内陸にあるコバー遺跡のための主要な港として用いられていました。
 トゥルムは、マヤ人によって造られ居住された最後の都市の1つで、13~15世紀の間に繁栄し、スペイン人がメキシコを占領し始めたあとも、およそ70年間、生き延びていました。スペインの移民によって持ち込まれた感染症が、終焉の原因であったといわれています。

 トゥルムは、沿岸部で最も保存の良いマヤ遺跡の一つで、観光客の人気の場所となっています。

      (ウィキペディアより)


(Size : 8,075KB) トゥルム遺跡にて、カリブ海を望む トゥルム遺跡、カスティージョ(神殿)を望む







 2.メキシコ 城壁都市遺跡 ”トゥルム遺跡”を散策する (2)
【 トゥルム遺跡、「降臨する神の神殿」 】  

 「降臨する神の神殿」は上部が大きく、下部が小さく狭くなるというトゥルム建築の特徴の神殿です。神殿の名前は、神殿入口の上にあるレリーフに由来します。逆立ちをしたような不思議な姿勢の人物が描かれ、それが「降臨する神」又は「天下る天使」と呼ばれています。このレリーフはマヤの他の遺跡でも見ることはできますが、トゥルムのレリーフは特に有名となっています。
またトゥルムではフレスコ画の神殿等、他の神殿でも見ることができます。

 レリーフには顔をこちらに向け、足を大きく開いて逆立ちをしているような人物が彫られています。この姿については、雨の神チャークとも、天からとうもろこしと知恵を運んできてくれた神をあらわしているとも、また、おしりの部分から蜂の姿を描いているともいわれていますが、神の正体はよく分かっていないとのことです。

                           (isekineko Hpより)


 


トゥルム遺跡、”中央神殿(エルカスティージョ)”を望む


トゥルム遺跡、”中央神殿(エルカスティージョ)”にて トゥルム遺跡、”中央神殿(エルカスティージョ)”にて


トゥルム遺跡にて トゥルム遺跡にて
google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)
  ( 後  記 )

 トゥルム遺跡については、遺跡の中にある青い海とビーチ、ビーチから眺める遺跡をと期待しておりました。あいにく当日は強風で海岸へ下りる階段前に赤旗が上がり通行禁止になっていました。残念ながらビーチからは遺跡を望むことはできませんでした。
 トゥルムは南北に400メートル、東西に片側170メートルの厚さ8mの城壁の中で、スペイン占領後も70年もの間、存続していたとのことです。スペイン人が持ち込んだ感染症は知っていたのだろうか、隔離、独立した都市だったのか、どんな生活だったのだろうか。色々と興味のそそられる場所でした。

                             (2019. 1.16)







  ①お気に入り写真  (トゥルム遺跡にて)




トゥルム遺跡、左”降臨する神の神殿”、右”中央神殿(エルカスティージョ)”です。城壁の中でさらに石垣で囲われていました





トゥルム遺跡、左側”降臨する神の神殿”、中央”中央神殿(エルカスティージョ)”を望む。




トゥルム遺跡、”中央神殿(エルカスティージョ)”を望む。左側は”降臨する神の神殿”です







トゥルム遺跡、”中央神殿(エルカスティージョ)”の上部を望む。階段を登ったところの入口の柱が蛇(ククルカン)になっているとのことです






トゥルム遺跡、”「降臨する神の神殿」のレリーフ部分のアップです






メキシコシティの「国立人類学博物館」で、トゥルム遺跡「降臨する神の神殿」のレリーフが展示されていましたのでアップします




トゥルム遺跡、「降臨する神の神殿」を望む





トゥルム遺跡、”中央神殿(エルカスティージョ)”を望む。左手前は”フレスコ画の宮殿”です



トゥルム遺跡にて、左側が”フレスコ画の宮殿”です



トゥルム遺跡にて



トゥルム遺跡にて



  ②お気に入り写真  (トゥルム遺跡 セノーテにて)




トゥルム遺跡、”チュルトゥンの家(雨水を貯めておく地下貯水槽のある家)”を望む






トゥルム遺跡、”チュルトゥンの家”を望む。チュルトゥンとは雨水を貯めておく地下貯水槽のある家とのことです





トゥルム遺跡、”フレスコ画の神殿”を望む




トゥルム遺跡にて





トゥルム遺跡にて




トゥルム遺跡、”フレスコ画の神殿”を望む






トゥルム遺跡、”フレスコ画の神殿”を望む





トゥルム遺跡の地図です。(地図はウィキペディアより、加筆してあります)
 
 




トゥルム遺跡、”フレスコ画の神殿”を望む






トゥルム遺跡、”フレスコ画の神殿”を望む。誰の手形、神様、大工・・・・。





トゥルム遺跡、右側が”フレスコ画の神殿”です


  ③お気に入り写真  (トゥルム遺跡 にて)



トゥルム遺跡にて、中央神殿(カスティージョ)を望む
https://www.abaxjp.com/mexico11-tulum/mexico11-tulum.html




トゥルム遺跡にて、”中央神殿(カスティージョ)”を海側より望む






トゥルム遺跡にて






トゥルム遺跡にて、”中央神殿”を海側より望む。上部に二ヶ所窓が望めます





トゥルム遺跡にて、右側は中央神殿(カスティージョ)です



トゥルム遺跡にて、海岸への階段を望む。当日は風のため通行禁止となっていました。残念!



  ④お気に入り写真  (トゥルム遺跡 風の宮殿にて)
 



トゥルム遺跡、南側より”風の宮殿”を望む




トゥルム遺跡、、南側より”セノーテ”及び”風の宮殿”を望む






トゥルム遺跡、”風の宮殿”を望む






トゥルム遺跡にて





トゥルム遺跡、南の出入口(出口)を望む
トゥルム遺跡、南口出入口から城外へ トゥルム遺跡、南口出入口中です トゥルム遺跡にて トゥルム遺跡、城外より南口出入口を望む



トゥルム遺跡より、カリブ海と海岸への階段を望む。強風のため閉鎖されていましたのでビーチには誰もいませんでした




トゥルム遺跡より、無人のカリブ海海岸を望む





プトゥルム遺跡より、カリブ海を望む。左下の海岸はウミガメの産卵場所です






< Next プラヤデルカルメン(キンタナ・ロー) >
< メキシコ >   エル・レイ遺跡(カンクン)  グランセノーテ(カンクン)   トゥルム遺跡(キンタナ・ロー) (1)(2)  プラヤデルカルメン(キンタナ・ロー)  

  
  
  
    Home  Back
  
Copyright e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止