Ver 8.0
  
 
 
      ( エジプト共和国 )
  
  
    
[画像] 世界文化遺産 カイロ ”ハーン・ハリーリバザール” を訪れる
  
 カイロ ハーン・アリーリバザールにて 
  
  
  
 
 
  

     <エジプト世界遺産一覧>   アブシンベル神殿    ピラミッド    古代都市テーベ    カイロ


     < カイロの世界遺産 >    シタデル   ムハンマド・アリー・モスク    ハーン・アリーリ   エル・ムアッラカ教会
  
< NEXT エル・ムアッラカ教会 >




 
世界文化遺産登録 ”カイロ歴史地区”

( 世界遺産  1979年  月登録 )

 
 エジプトの首都カイロは、1979年に「イスラーム都市カイロ」として世界遺産に登録された後、2007年に名称が変更されました。「カイロ歴史地区」は、カイロ東南部にある約8q×4qの範囲にわたります。

 ここには、イスラム地区である旧市街と、カイロ発祥の地であるオールド・カイロが含まれています。600を超えるモスクや、1000以上のミナレットを擁するため、「千の塔の都」と呼ばれています。

カイロの歴史
 カイロ歴史地区(イスラム地区)
   1.アズハル大学
   2.シタデル
   3.ムハンマド・アリー・モスク
   4.イブン・トゥールーン・モスク
  ●5.ハーン・ハリーリ
  〇6.アル・フセイン・モスク
   7.スルタン・ハサン・モスク
   8.ズウェーラ門

 カイロ歴史地区(オールド・カイロ)

   9.アムル・イブン・アル=アース・モスク
   10.ベン・エズラ・シナゴーグ
   11.エル・ムアッラカ教会
   12.聖セルジウス教会(アブ・サルガ)
   13.聖ゲオルギウス教会(マリ・ギルギス)


<カイロの歴史>

 7世紀にイスラム帝国がこの地に侵攻し、エジプト支配の拠点としてフスタートという都市を建設しました。これがオールド・カイロの場所に当たります。以後、フスタートは首府や州治所としての役割を果たすようになります。

 10世紀にファーティマ朝はフスタートを征服し、ミスル・アル=カーヒラ(勝利の町)を建設しました。カーヒラ=カイロで、ここからカイロという名前が歴史上に出てくるようになります。宮殿やアズハル・モスクなどが造られました。

 12世紀、アイユービ朝のサラーフ・アッディーンにより、エジプトの政府機能がすべてカイロに集約されます。多くの歴史的建造物を抱えたカイロは、世界最大規模のイスラム都市として繁栄したのでした。



                   (世界遺産オンラインガイド HPより)


                                  ●印は、写真の掲載をしています
 
     
 
 






 1.エジプト カイロ ”ハーン・ハリーリバザール” を訪れる
 
     
     
 ハーン・ハリーリ
 (はーん・はりーり)
 世界文化遺産 「カイロ歴史地区」
(1979年に「イスラーム都市カイロ」として登録)
 エジプト  カイロ
 (撮影 2016.11.24)
 ハーン・ハリーリバザールはエジプト最大のスーク(市場)です、バザールは14世紀から続いているとのことです。現在は観光客向けのお土産物屋さんが大半になっています。
 日本人が歩いていれば「やばにー」「やまもとやまー」「見るだけタダ」と声をかけてくれます。ただ中国の人にも良く間違えられます。

 ハーン・ハリーリバザールは迷路のような小さな道の両側に観光客用のお土産屋さんがたくさん並んでいます。現地では「カーン・エル・カリーリ」と呼ばれているとのことです。      (ウィキベテアより)
(Size : 7,906KB) ハーン・ハリーリ バザールへの入口を望む ハーン・ハリーリバザールのお土産屋さんにて






 2.エジプト カイロ ”ハーン・ハリーリバザール” にて (1)
< カイロ、ハン・ハリーリバザールについて >

 ハーン・ハリーリは、14世紀末ブルジー・マムルーク朝の初代スルタン、バルクークの時代に開かれたスーク(市)です。当時の姿のまま保存されており、現在では、カイロを訪れる観光客が必ず立ち寄る観光名所となっています。

 エジプトで最も神聖といわれる「アル・フセイン・モスク」の西側一帯がハーン・ハリーリのスークとなっています。スーク内は、細く曲がりくねった道が何本にも分かれていて、まるで迷路に迷い込んだようになっています。道の両側には、宝石類や金銀銅などの金属細工、アンティーク、また民族衣装や象牙細工の工芸品などが売られており、いつ行っても見飽きない場所となっています。        
                               
(世界遺産オンラインガイドより)  

 
カイロ、ハーン・ハリーリバザール前(アル・フセイン・モスク前)の広場の様子です
   
 




カイロ、ハーン・ハリーリバザール前の広場にて





カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて、正面が広場方面になります
 3.エジプト カイロ ”ハーン・ハリーリバザール” にて (2)
< 古代カイロについて >

 カイロは古代エジプトからローマ属州時代は、ヘリオポリスが近郊にあったが、カイロ自体はナイルデルタの湿地帯に小規模の集落が点在するだけの未開地でした。定住者が少なかったこともあり、イスラム帝国侵攻前の時代の遺跡はほとんど見つかっていません。ナイル川対岸の西側のギーザ台地には三大ピラミッドが築かれていますが、そのギーザも古王国時代の終焉とともにピラミッド信仰も衰退していったため、新王国時代には廃墟となっていました。

 アケメネス朝の時代に現在のバビロン城のあるところに砦が築かれたとの説(ヨセフス)もありますが、アウグストゥスの時代に3つの軍団の司令部が置かれました。ローマの支配時代を通じて、バビロン城に軍団が駐屯し、現在でも遺跡が残っています。

                                     
(ウィキペデアより)
           

カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて。左側の建物は世界遺産「アル・フセイン・モスク」です
カイロ、ハーン・ハリーリバザール前の広場にて カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて、ウードという楽器です。
人の顔見たいですネ


カイロ、ハーン・ハリーリバザールを望む。雑然と混迷さが見えてきます






ハーン・ハリーリバザールにて、Tシャツなど買い求めているところです。後ろにいるカッコ良い人は、ツアーポリス(ツアーに同行)です
 
 

カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて
 






 4.エジプト カイロ ”ハーン・ハリーリバザール”にて (3)



カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて




カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて、なんとなく何でもありの感じです


ハーン・ハリーリバザールにて、いろいろな物が雑然として売られています。上の方の衣装はベリーダンスのコスチュームとのことです


カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて



カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて





カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて
 
カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて、モスクの尖塔が望めます カイロ、ハーン・ハリーリバザールを進みます
   


カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて





カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて、こんな感じでお土産屋さんを覗きます
 
 5.エジプト カイロ ”ハーン・ハリーリバザール” にて (4)
 
カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて
 


カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて

カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて、場所によっては相当汚れているところもあります


カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて、シャッターの下ろしているお店も沢山あります。どんな物を売っているのでしょうか
   
 





 6.エジプト カイロ ”ハーン・ハリーリバザール” にて (5)
 
カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて


カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて、上写真のお店でナツメヤシを購入しました
 
 

カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて
 7.エジプト カイロ ”ハーン・ハリーリバザール” にて (6)
 

カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて、通りの正面には尖塔が望めます。なんとなくカイロらしい写真です
   



カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて




カイロ、ハーン・ハリーリバザールにて
ハン・ハリーリバザール前広場にてモスクを望む ハン・ハリーリバザールにて ハン・ハリーリバザールにて ハン・ハリーリバザールにて
google!地図より(■カーソルセットで写真表示) google!地図より(■カーソルセットで写真表示) google!地図より(■カーソルセットで写真表示)
   
 
  ( 後 記 )  
       
   ハーン・ハリーリバザールは朝の早い時間のせいか、それとも曜日のせいなのか、お店は半分ほどしか開いていませんでした。それでも沢山の人出で大賑わいでした。
 私は昔読んだ砂漠の旅には必ず出てくるナツメヤシに思い入れもあり、購入しました。量が少なかったせいか店員さんはビックリしていました。強い甘みに独特の歯ごたえをホテルで堪能しました。 
 連れ合いは破格値のTシャツを数枚買いましたが、見事B級品も混ざっていました。見えないところでインク漏れなどで印刷に難がり、パジャマ代わりに利用していました。値段が値段でしたので良しとしました。

 ハーン・ハリーリバザールは何か訳の分からないままの雑然の中の散策でしたがこの雑然さが十分に楽しめました。これで全店開いていたらどのくらいの人出になるのだろうかと思いながら散策を続けました。

                        (2018.10.17)

 
   
     
 





  お気に入り写真




カイロ、左側は「アル・フセイン・モスク」です。ハン・ハリーリバザール前広場にて




カイロ、ハン・ハリーリバザール前広場を望む




カイロ、世界遺産『アル・フセイン・モスク』を望む




カイロ、ハン・ハリーリバザール前広場にて





< NEXT エル・ムアッラカ教会 >

     <エジプト世界遺産一覧>   アブシンベル神殿    ピラミッド    古代都市テーベ    カイロ


     < カイロの世界遺産 >    シタデル    ムハンマド・アリー・モスク    ハーン・アリーリ   エル・ムアッラカ教会
  

  
  
  
    Home  Back
  
Copyright (c) e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止