Ver 8.0
  
 
 
      ( エジプト共和国 )
  
  
    
[画像] 世界文化遺産 十字軍防衛の拠点 ”シタデル” を訪れる
  
 カイロ シタデルを望む 
  
  
  
 
 
  

     <エジプト世界遺産一覧>   アブシンベル神殿    ピラミッド    古代都市テーベ    カイロ


     < カイロの世界遺産 >    シタデル   ムハンマド・アリー・モスク    ハーン・アリーリ   エル・ムアッラカ教会
  
< NEXT ムハンマド・アリー・モスク >




 
世界文化遺産登録 ”カイロ歴史地区”

( 世界遺産  1979年  月登録 )

 
 エジプトの首都カイロは、1979年に「イスラーム都市カイロ」として世界遺産に登録された後、2007年に名称が変更されました。「カイロ歴史地区」は、カイロ東南部にある約8q×4qの範囲にわたります。

 ここには、イスラム地区である旧市街と、カイロ発祥の地であるオールド・カイロが含まれています。600を超えるモスクや、1000以上のミナレットを擁するため、「千の塔の都」と呼ばれています。

カイロの歴史
 カイロ歴史地区(イスラム地区)
   1.アズハル大学
  ●2.シタデル
   3.ムハンマド・アリー・モスク
   4.イブン・トゥールーン・モスク
   5.ハーン・ハリーリ
   6.アル・フセイン・モスク
   7.スルタン・ハサン・モスク
   8.ズウェーラ門

 カイロ歴史地区(オールド・カイロ)

   9.アムル・イブン・アル=アース・モスク
   10.ベン・エズラ・シナゴーグ
   11.エル・ムアッラカ教会
   12.聖セルジウス教会(アブ・サルガ)
   13.聖ゲオルギウス教会(マリ・ギルギス)


<カイロの歴史>

 7世紀にイスラム帝国がこの地に侵攻し、エジプト支配の拠点としてフスタートという都市を建設しました。これがオールド・カイロの場所に当たります。以後、フスタートは首府や州治所としての役割を果たすようになります。

 10世紀にファーティマ朝はフスタートを征服し、ミスル・アル=カーヒラ(勝利の町)を建設しました。カーヒラ=カイロで、ここからカイロという名前が歴史上に出てくるようになります。宮殿やアズハル・モスクなどが造られました。

 12世紀、アイユービ朝のサラーフ・アッディーンにより、エジプトの政府機能がすべてカイロに集約されます。多くの歴史的建造物を抱えたカイロは、世界最大規模のイスラム都市として繁栄したのでした。



                   (世界遺産オンラインガイド HPより)


                                  ●印は、写真の掲載をしています
 
     
 
 






 1.エジプト カイロ ”シタデル” を訪れる
 
     
     
 シタデル
 (したでる)
 世界文化遺産 「カイロ歴史地区」
(1979年に「イスラーム都市カイロ」として登録)
 エジプト  カイロ
 (撮影 2016.11.24)
 シタデルは、1176年にアイユーブ朝の創始者サラーフ・アッディーンにより建設されました。十字軍の侵攻に備えて造営されたシタデルは、周囲を高さ10m、厚さ3mの城壁に囲まれ、防御用の円形の塔や長期の籠城に備えて巨大な井戸なども造られました。十字軍との戦いは、1192年に休戦条約が結ばれたため、建設当初の対十字軍の拠点としての役割は終えます。その後、1218年に王宮が建てられてからは、エジプトの中心地となりました。

 敷地内にはムハンマド・アリー・モスク、スレイマン・パシャ・モスク、軍事博物館などがありますが、ほとんどがオスマン朝時代のものです。限られた敷地内では、王朝が変わるたび古い建物は壊され、新しい建物が建てられる運命にあったそうです。
   (世界遺産オンラインガイド HPより)   
(Size : 5,902KB) シタデルを望む シタデル敷地内にあるムハンマド・アリー・モスクを望む






 2.エジプト カイロ ”シタデル” にて (1)
< シタデルについて >


 十字軍を打ち破った中世アラブ世界の英雄にしてアイユーブ朝の創始者サラーフッディーン(サラディン)が、1176年、対十字軍の拠点としてムカッタムの丘の一角に建設した城塞です。アラビア語ではカルア(カイロ方言ではアルア)と呼ばれています。サラーフッディーンの死後も建設が進められ、マムルーク朝、オスマン朝の支配を通して19世紀のムハンマド・アリの時代まで、カイロ市内を一望できるここシタデルが支配の中枢として機能しました。

 ここには、軍事博物館、ガーマ・ムハンマド・アリをはじめ、マムルーク朝やオスマン朝時代の建物や、城壁から延びる何本もの塔、英国支配時代の牢獄など、見どころの多いところです。          (地球の歩き方HPより)


 
カイロ、シタデルを望む。高さは10m、厚さ3mの城壁を望む
   
 




カイロ、シタデルを望む。高さは10m、城壁と市内方面を望む






カイロ、シタデルの中にあるムハンマド・アリー・モスクを望む。
 3.エジプト カイロ ”シタデル” にて (2)
 < カイロについて >

 カイロの興りは7世紀、イスラム勢力によるバビロン城の陥落に始まり、10世紀にはオールドカイロが形成され、イスラムの軍事都市として隆盛しました。当時完成した「アズハル・モスク」は林立する列柱が美しく、イスラム最古の高等教育施設であるマドラサが併設されました。12世紀には十字軍の侵攻に備え堅固なシタデルが建設され、13世紀に興ったマムルーク朝時代には、インド洋と地中海を結ぶ交易で巨万の富を得、モスクや教育施設などが次々に建てられイスラム文化が開花し、カイロは世界最大規模のイスラム都市となりました。
 黄金期の14世紀に建てられた「スルタン・ハサン・モスク」にはカイロ一高い約80mのミナレットが聳え、シタデルではエジプト最後の王朝を興したムハンマド・アリがイスタンブールから技術者を呼び寄せ建てた、壮大な「ムハンマド・アリ・モスク」が異彩を放っています。    
(阪急交通社HPより)
           


カイロ、シタデルを望む。高さは10mの城壁を望む
カイロ、シタデルにあります軍事博物館の案内板です カイロ、シタデルとムハンマド・アリー・モスクを望む


カイロ、シタデルにて






カイロ、シタデルにて
 
 

カイロ、シタデルの城壁を望む
 






 4.エジプト カイロ ”シタデル” を望む (1)

カイロ、シタデルを望む


カイロ、シタデルを望む




カイロ、シタデルの城壁を望む






カイロ、シタデルの城壁をアップです






カイロ、シタデルを望む
 
カイロ、シタデルを望む カイロ、シタデルの城壁を望む
   


カイロ、シタデルを望む





カイロ、シタデルを望む
 
 5.エジプト カイロ ”シタデル” を望む (2)
 
カイロ、シタデルにて
 


カイロ、シタデルを望む
カイロ、シタデルの城壁のアップです


カイロ、シタデルを望む
   
 






 6.エジプト カイロ ”シタデル” の城壁を望む (1)
 
カイロ、シタデルを望む


カイロ、シタデルを望む
 
 

カイロ、シタデルを望む カイロ、シタデルを望む

カイロ、シタデルの城壁のアップです
 7.エジプト カイロ ”シタデル” の城壁を望む (2)
 

カイロ、シタデルを望む
   



カイロ、シタデルを望む




カイロ、シタデルを望む
カイロ、シタデル
ムハンマド・アリー・モスクを望む
カイロ、シタデルを望む ムハンマド・アリー・モスクにて カイロ、シタデル
ムハンマド・アリー・モスクを望む
google!地図より(■カーソルセットで写真表示) google!地図より(■カーソルセットで写真表示) google!地図より(■カーソルセットで写真表示)
   
 
  ( 後記 )  
       
   中学生時代、世界史の授業で十字軍遠征について学んだ。先生の教え方もあるのかもしれませんが、宗教にうとい私は正義の味方が悪を退治にしに行く、十字軍は正義の味方と覚えてしまった。大学生になるまでそう思っていました。 

 今回、十字軍防衛の拠点”シタデル”を訪れることができました。堅牢な城塞にはびっくりさせられました。この城塞を見ただけで十字軍が撤退せざる得ないのもわかるような気がしました。
 現在、ムスリム(イスラム教徒)は世界中に16億人(キリスト教20億人、仏教4億人)とも言われています。キリスト教に次いで世界で2番目に多くの信者を持つ宗教になっているとのことです。
                        (2018.10.14)

 
     
 







  お気に入り写真




カイロ市内からシタデルを望む




カイロ、シタデルを訪れていました




カイロ、シタデルを望む




シタデルより、カイロ市内を望む







< NEXT ムハンマド・アリー・モスク >

     <エジプト世界遺産一覧>   アブシンベル神殿    ピラミッド    古代都市テーベ    カイロ


     < カイロの世界遺産 >    シタデル    ムハンマド・アリー・モスク    ハーン・アリーリ   エル・ムアッラカ教会
  

  
  
  
    Home  Back
  
Copyright (c) e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止