Ver 8.0
  
 
 
  ( マレーシア連邦 )
  
  
  
[画像] 世界文化遺産(2008年登録)  ペナン ”セント・ジョージ教会” ・ ”観音寺” を訪れる
  

ペナン、東南アジア最古の英国国教会 セント・ジョージ教会を望む  
  
  
  
 
 
  
   <マレーシア世界遺産(ペナン)>   寝釈迦仏寺院(涅槃仏)  ビルマ寺院  コーンウォリス要塞   ジョージタウン@  カピタン・クリン・モスク  セント・ジョージ教会   ジョージタウンA 

   <マレーシア世界遺産(マラッカ)>  青雲亭寺院  オランダ広場  セントポール教会   サンチャゴ砦   
< ジョージタウンA >



 
世界文化遺産登録 ”マラッカ海峡の歴史都市群 : ムラカとジョージタウン

( 世界遺産  2008年  月登録 )


 
 『ジョージタウン(宗教と文化の交流地)』

 18世紀、イギリスがペナン島に入植を始めて、最初に築いた街がジョージタウンです。18世紀後半には、当時のケダ州スルタンとイギリス東インド会社とで条約が交わされ、イギリスの植民地として譲渡されました。

 ジョージタウンは、マラッカ、シンガポールなどとともに関税が免除されたため、各地から商人が多く集まり、多民族文化が形成されました。現在、1本の通りに、キリスト教のセント・ジョージ教会、イスラム教のカピタン・クリン・モスク、ヒンドゥー教のマハ・マリアマン寺院、中華系の氏族を祀った霊廟などが並んでいて、この街が異なった宗教や民族が共存する多民族社会であることを象徴しています。

 ジョージ・タウン地区の人口は約40万人。近年は住宅・商店・ホテル・病院・官公庁などの都市基盤もしっかりしており、マレーシアでは首都クアラ・ルンプールに次ぐ第二の都市となっています。



  ●セント・ジョージ教会(キリスト教)
  〇カピタン・クリン・モスク(イスラム教)
  〇マハ・マリアマン寺院(ヒンドゥー教)

  〇寝釈迦仏寺院(仏教)
  〇ビルマ寺院(仏教)
  〇コーンウォリス要塞
          :
          :


                       (世界遺産オンラインガイド HPより)



 
     
 
 





 1.ペナン ”セント・ジョージ教会” を訪れる
 
     
 セント・ジョージ教会
 (せんと・じょうじ・きょういく)
 世界文化遺産
 「マラッカ海峡の歴史都市群」として
 2008年登録
 マレーシア ペナン
 (撮影 2017.12.17)
 セント・ジョージ教会(St. George's church)は、マレーシア、マレー半島北西岸、ペナン島のジョージタウンにある教会です。19世紀前半に新古典主義様式で建造されました。白亜の尖塔があり、円柱が並ぶ均整のとれたファサードを持ち、東南アジアに残る英国国教会の教会としては最古のものとされています。
   (トラベルガイドマレーシアHPより)  


(Size : 6,616KB) ペナン、セント・ジョージ教会を望む ペナン、セント・ジョージ教会を望む







 2.ペナン 東南アジア最古、白亜の英国国教会 ”セント・ジョージ教会” を訪れる
【 セント・ジョージ教会について 】

 セント・ジョージ教会は、東南アジアにおける最古の英国国教会です。1819年5月に竣工しました。大理石の床と高い尖塔が目を引く白亜の教会です。
 1941年12月、日本軍の空襲により深刻な被害を受けましたが1948年に修復作業を完了しました。今も残る司教座と洗礼盤は空襲の被害を免れ現在も残されています。

 2007年8月、マレーシア政府は国民の文化遺産としてセント・ジョージ教会を認定し、2010年より約1年をかけて大規模な修復作業が行われました。



                                 
(トラベルガイド・マレーシアHPより) 

 




ペナン、セント・ジョージ教会を望む
ペナン、セント・ジョージ教会を望む。手前の丸い建物は「フランシス・ライト・メモリアル」です ペナン、セント・ジョージ教会を望む
ペナン、観音寺の土産店を望む。この奥に本堂があります ペナン、観音寺にて



google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)


ペナン、セント・ジョージ教会を望む







  @お気に入り写真  (セント・ジョージ教会にて)

【 ハーモニーストリート(マスジット・カピタン・クリン通り)について 】

  ハーモニーストリートとは、ジョージタウンの中心部を南北に走る、マスジット・カピタン・クリン通りの通称です。この通り沿いには、キリスト教の教会、中国寺院、モスク、ヒンズー寺院が仲良く並んでおり、この地で異なる宗教の人々が仲良く共存してきたことの証とされています。この通りを散策していると、自分が今どこの国にいるのかわからなくなってきます。
 ハーモニーストリートの出発点に立つのがセントジョージ教会です。

                                         (LINEトラベルHPより)


 




ペナン、セント・ジョージ教会を望む。左の木は1885年に植えられたマホガニーの木とのことです




ペナン、「白亜の英国国教会」セント・ジョージ教会を望む






ペナン セント・ジョージ教会、尖塔を望む




ペナン、セント・ジョージ教会にて。「フランシス・ライト・メモリアル」を望む
1786年ペナン島に上陸したキャプテン・フランシス・ライトを記念したパビリオンとのことです






ペナン、セント・ジョージ教会にて




ペナン、セント・ジョージ教会を望む。1819~2019、200周年(Empowering the Disadvantaged)の垂幕がありました 


 
   Aお気に入り写真  (セント・ジョージ教会にて)




ペナン、セント・ジョージ教会を望む。教会奥のビルの裏側に「観音寺」があります




ペナン、セント・ジョージ教会の案内板です




ペナン、セント・ジョージ教会を望む




ペナン、セント・ジョージ教会にて






ペナン、セント・ジョージ教会より、ペナン高等裁判所を望む。美しい建物です


 
   Bお気に入り写真  (ペナン 観音寺にて)

【 ペナン 観音寺について 】

 ペナンの観音寺はイスラム寺院や英国国教会が建つハーモニーストリート(マスジット・カピタン・クリン通り)にある、ペナン最古の中国寺院です。1800年代に建てられた瓦屋根の寺院は、屋根の上から柱まで壮麗な彫刻で覆われています。たくさんの提灯が下がる境内には、敬虔な祈りを捧げる華人系の人々がいっぱいです。建物は風水にのっとって建てられており、堂内には数々の観音仏(慈悲の女神)が祀られています。信者の捧げる線香の煙に包まれたお堂は、赤と金色の装飾で彩られていてとても華やかで、そして厳かな空気に満ちた寺院です。
                                         (シンガポールnavi より)






ペナン、観音寺にて




ペナン、観音寺にて。沢山の人がお参りに来ていました






ペナン、観音寺にて。このすぐ先にビルマ寺院があります




ペナン、観音寺の境内の様子です






ペナン 観音寺本堂より、ハーモニーストリート(マスジット・カピタン・クリン通り)を望む




ペナン、観音寺にて


 
   Cお気に入り写真 (ペナン 観音寺にて)




ペナン、観音寺本堂を望む




ペナン、観音寺のお土産店の様子です




ペナン、観音寺にて






ペナン、ビルマ寺院から観音寺に歩く
 




ペナン、観音寺へ向かう途中にあるお店です






ペナン、観音寺にて




ペナン 観音寺境内にて、このすぐ先にセント・ジョージ教会があります






ペナン、観音寺近くにありました。「日本陶磁器」の文字と「祭りのうちわ」が見えます。繁盛を願っています




< ジョージタウンA >
   <マレーシア世界遺産(ペナン)>   寝釈迦仏寺院(涅槃仏)  ビルマ寺院  コーンウォリス要塞   ジョージタウン@  カピタン・クリン・モスク  セント・ジョージ教会   ジョージタウンA 

   <マレーシア世界遺産(マラッカ)>  青雲亭寺院  オランダ広場  セントポール教会   サンチャゴ砦   

  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止