Ver 8.0
  
 
 
  ( マ レ ー シ ア )
  
  
    
[画像] キャメロンハイランド ”朝市” を散策する

キャメロンバレー農園(お茶畑)を望む  
  
  
  
 
 
  
クアラルンプール・他>  王宮  国家記念碑  独立広場  オランウータン島  ホタル観賞  マレー鉄道  
キャメロンハイランド>  お茶畑キャメロンバレー  サボテン園  朝市  あっちこっち  






 1.キャメロンハイランド ”朝市” を訪れる
 
     
 キャメロンハイランド
 (きゃめろんはいらんど)
 観光地
 マレーシア
 キャメロンハイランド
 (撮影 2017.12.18)
 キャメロンハイランドは海抜1,500メートル以上に位置する常春の高原です。熱帯雨林気候による膨大な降雨量と温暖な気候、長い日照時間、昼夜の温度差、適度な霧の発生、水はけの良い弱酸性の土壌など紅茶栽培には理想的な環境の場所となっています。
 

 英国統治時代の国土調査官、ウィリアム・キャメロンによって1885年に開発され、その名から命名されました。英国植民地時代より、丘陵を利用した茶葉生産が盛んで、現在でもマレーシア最大の茶葉生産地域であります。また、高原野菜などの生産も非常に盛んとなっています。近年では年金生活者を中心として、日本人の長期滞在者も増えており、彼ら向けのコンドミニアムの建設も盛んになっています。街のレストランや、喫茶店、インターネットカフェなどでは、多くの日本語併記を見かけることができます。

      (ウィキペデアより)


(Size : 5,336KB) キャメロンハイランド朝市を望む キャメロンハイランド朝市にて







 2.キャメロンハイランド ”朝市” にて
【 キャメロンハイランド 朝市にて 】

 「キャメロンハイランドの朝市で驚かされたのは、野菜・根菜類は日本の八百屋さんと見間違えるほど同じです。
    ・キャベツ
    ・白菜
    ・きゅうり
    ・トマト
    ・さつまいも
       :
       :
 野菜を見ても常春のこの地は、日本の初夏のさわやかな気候・環境に似ているため、日本人に人気があるのだなのだと感じました。


 


キャメロンハイランド朝市にて。イモ類の販売準備をしていました


キャメロンハイランド朝市、頑丈な車が走っています いろいろな果物が売られています。柑橘類左はみかん、右は?


 市の裏側にあります巨大なハウス(温室?)にて ハチミツ屋さんにて、試食をしているところです

google地図より(■カーソルセットで写真表示)
google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)
 







  お気に入り写真




キャメロンハイランド朝市にて、いちご関連が沢山うられていました






キャメロンハイランド、お花屋さんにて






キャメロンハイランド朝市にて、沢山の種類のさつまいもが売られていました




キャメロンハイランド朝市の通りの様子です






キャメロンハイランド朝市にて、何か日本のお花屋さんに似ています




キャメロンハイランド朝市にて、この後ともろこしが山のように積み上げられていました






キャメロンハイランド朝市にて、お店前の通りを望む






キャメロンハイランド朝市にて、お店を覗く






キャメロンハイランド朝市にて




キャメロンハイランド朝市にて、正面はハチミツ屋さんです。土産に一本購入しました






「キャメロンハイランド朝市にて





キャメロンハイランド朝市にて






キャメロンハイランド朝市にて、日本の八百屋さんみたいです




ハチミツ(ハチの巣)のばら売りです





キティちゃんらしきオモチャも売っていました







キャメロンハイランド朝市にて、日本でも定番です




キャメロンハイランド朝市にて、店内の様子です






キャメロンハイランド朝市にて、被り物?それともマフラー?






キャメロンハイランド朝市の建物の裏側です。巨大な温室になっています






キャメロンハイランド朝市の通りです。上の写真は右側の建物の裏側にあります






クアラルンプール・他>  王宮  国家記念碑  独立広場  オランウータン島  ホタル観賞  マレー鉄道  
キャメロンハイランド>  お茶畑キャメロンバレー  サボテン園  朝市  あっちこっち  

  
  
  
    Home  Back
  
Copyright e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止