Ver 8.0
  
 
 
  ( マ レ ー シ ア )
  
  
    
[画像] マレーシア ”キャメロンハイランド” を訪れる

キャメロンバレー農園(お茶畑)を望む  
  
  
  
 
 
  
キャメロンハイランド>  お茶畑キャメロンバレー  サボテン園  朝市  あれこれ  






 1.キャメロンハイランド ”お茶畑 キャメロンバレー”を散策する
 
     
 キャメロンバレーお茶畑
 (Cameron Valley TEA HOUSE2)
 観光地
 マレーシア
 キャメロンハイランド
 (撮影 2017.12.18)
 キャメロンハイランドは海抜1,500メートル以上に位置する常春の高原です。熱帯雨林気候による膨大な降雨量と温暖な気候、長い日照時間、昼夜の温度差、適度な霧の発生、水はけの良い弱酸性の土壌など紅茶栽培には理想的な環境の場所となっています。
 このキャメロンハイランド最大の農園の1つにBOH農園があり、これは1920年代に設立された会社でこのエリアにいくつかの大きな農園を所有しています。キャメロンバレーの農園(紅茶畑)もその一つです。

 昔は手摘みのため生産量も少なく、紅茶通には「幻の紅茶」と呼ばれていました。現在では1日あたり85万杯分の紅茶葉が収穫される広大な紅茶畑となっています。観光客向けに手摘みのデモンストレーションもありますが、機械を使っての収穫となっているとのことです。

      (マレーシア観光案内HPより)


(Size : 6,703KB) 「Cameron Valley TEA HOUSE2」にてBOT紅茶をいただく 「Cameron Valley TEA HOUSE2」、お茶畑を望む
google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)


  お気に入り写真




キャメロンバレーお茶畑にて、広大な谷間にお茶畑が広がります




「Cameron Valley TEA HOUSE2」、店内の様子です




キャメロンバレーお茶畑にて、観光客がどんどん増えてきました







キャメロンハイランド>  お茶畑キャメロンバレー  サボテン園  朝市  あれこれ  

  
  
  
    Home  Back
  
Copyright e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止