Ver 8.0
  
 
 
  ( 中 華 民 国 )
  
  
    
[画像] 台北最古の寺  ”龍山寺” に参拝する
  

龍山寺正面の外問を望む  
  
  
  
 
 
  
台北>  龍山寺  忠烈祠・民主記念館  保安宮  台北101  圓山大飯店  九份  






 1.台北市 ”龍山寺”に参拝する
 
     
 龍山寺(りゅうざんじ)
 正式名称ばんか龍山寺(ばんかりゅうざんじ)
 仏教寺院
 台湾民国
 台北市万華区
 (撮影 2007.05.25)
 龍山寺(りゅうざんじ)は台北市万華区にある寺院です。正式にはばんか龍山寺(ばんかりゅうざんじ、マンカーロンシャンスー)といいます。地元では単に龍山寺と呼ばれることが多い寺院です。

 1738年、福建省泉州から渡来した人々により、福建晋江安海龍山寺の分霊として創建されました。日本統治時代の1919年に大規模な修繕が行われています。福建泉州からの大工棟梁の王益順が設計施工を担当しました。
 龍山寺は台北市内で最古の寺院であり、国家古蹟であると共に、台北101、国立故宮博物院、中正紀念堂と並ぶ台北市の「四大外国人観光地」とされています。また艋舺清水巌・大龍峒保安宮と並ぶ「台北の三大廟門」といわれています。
      (ウィキペディアより)
(Size : 3,090KB) 台北の三大廟門の一つ、龍山寺廟門を望む 台北、龍山寺にて







 2.台北市 ”龍山寺”に参拝する
 【 龍山寺の本尊 】

 龍山寺の本尊は観世音菩薩です。現在では道教や儒教など様々な宗教と習合しており、孔子や関帝(関羽、三国志で知られる)、媽祖など、祀られている神は大小合わせて100以上に及ぶとのことです。人々は様々な神が祀られた7つの香炉を順に廻りながら、それぞれの神に参拝しています。

 龍山寺は地震や火災によって何度か損傷し、また日本時代には学校として接収された時期もありましたが、その度に再建・修理がなされてきました。1985年に台北の市定古跡に指定されています。また1986年、戒厳令に基づく言論統制に反対する人々が決起した519緑色行動の舞台となった場所でもあります。     (ウィキペデアより) 

 


台北、龍山寺後殿にて。後殿には道教の神様が祀られています


台北、龍山寺廟門にて、盆栽が飾られています 台北、竜安寺にて
   
google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)
 







  お気に入り写真




台北、龍山寺正殿を望む






台北 龍山寺廟門より正殿を望む




台北、龍山寺後殿にて




台北、龍山寺境内回廊にて




台北、龍山寺境内回廊にて






台北、龍山寺境内にて




色彩に彩られた廊建築です。屋根の上は見応えのある鳳凰や龍です






色彩に彩られた屋根の上の龍です。見応えがあります










色彩に彩られた廊建築です。屋根の上は見応えのある鳳凰や龍です






龍山寺、廟門を望む






台北、龍山寺にて




東龍山寺、正殿を望む






台北、龍山寺にて






台北>  龍山寺  忠烈祠・民主記念館  保安宮  台北101  圓山大飯店  九份  

  
  
  
    Home  Back
  
Copyright e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止