Ver 8.0
  
 
 
  ( 中 華 民 国 )
  
  
    
[画像] 台湾  ”九份” を散策する

台湾、九份の街を望む  
  
  
  
 
 
  
台北>  龍山寺  忠烈祠・民主記念館  保安宮  台北101  圓山大飯店  九份  






 1.台湾 新北市 ”九份”を散策する
 
     
 九份(きゅうふん、ジォウフェン)
 観光名所
 台湾 基隆市
 (撮影 2007.05.25)
 九份は台湾北部の新北市瑞芳区にある山間の町です。日本統治時代に金鉱山として台湾有数の栄華を極めました。しかし、その後主要鉱物だった金と石炭の生産量が減り続け、1971年に閉山し衰退の時代を迎えます。

 再びスポットライトを浴びたのは1989年。侯孝賢監督の映画「悲情城市」の舞台となったことで観光地として注目されることになりました。さらに日本では宮崎駿監督が映画「千と千尋の神隠し」の着想を得たという噂が広まって人気が高まり、レトロな街並みに似合う茶芸館やカフェが軒を連ねていったのです。     (TAIPEI naviより))
(Size : 4,709KB) 台湾、九份老街を望む 台湾、九份の街を望む







 2.xx市 ”九フン”に参拝する
 【 金鉱の町、九份ついて 】

 九份は台湾の一寒村に過ぎませんでしたが、19世紀末に金の採掘が開始されたことに伴い徐々に町が発展し、日本統治時代に藤田組によりその最盛期を迎えました。九份の街並みは、日本統治時代の面影を色濃くとどめており、路地や石段は当時に造られたもので、酒家(料理店)などの建物が多数残されています。
 しかし、第二次世界大戦後に金の採掘量が減り、1971年に金鉱が閉山されてから町は急速に衰退し、一時人々から忘れ去られた存在となっていました。

 1989年、台湾で空前のヒットとなった映画『悲情城市 (A City of Sadness)』(侯孝賢監督)のロケ地となったことにより、九份は再び脚光を浴びるようになりました。映画を通じて、時間が止まったようなノスタルジックな風景に魅せられた若者を中心に多くの人々が九份を訪れ、メディアにも取り上げられるなど、台湾では1990年代初頭に九份ブームが起こっています。    (ウィキペデアより) 

 


台湾、九份老街を望む。レトロな街並みが続きます


台湾、九份の街を望む 台湾、九份老街にて
   
google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)
 







  お気に入り写真




九份、老街入口目印のセブンイレブンです。右側が入口です






台湾、九份老街にて




台湾、九份老街にて




台湾、九份老街にて






台湾、九份老街にて




台湾、九份老街にて





台湾、九份老街にて






台湾、九份老街にて。いろいろな食べ物屋さんがあります




台湾、九份老街にて






台湾、九份老街にて






台湾、九份老街にて。シッポがおかあさん似の子猫ちゃんです







台湾、九份老街にて。レトロな街並みが続きます







台湾、九份老街にて。九份の街並みは、日本統治時代の面影を色濃くとどめており、路地や石段は当時に造られたものとのことです






九份老街、昇平戯院(ショウヘイギイン)を望む。1934年に完成した旧映画館の建物。黄金時代の九份を象徴する娯楽施設で、当時は1000人ものお客さんを収容したという。




九份にて





九份から見た街と海の眺めです







九份から見た海の眺めです






台湾、九份の街並みを望む






台北>  龍山寺  忠烈祠・民主記念館  保安宮  台北101  圓山大飯店  九份  

  
  
  
    Home  Back
  
Copyright e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止