Ver 8.0
  
 
 
     ( 東北 の 名勝地・観光地 )
  
  
  
[画像]  青森県北津軽郡鶴田町 ”鶴の舞橋” を散策する
  

津軽富士見湖より、鶴の舞橋を望む  
  
  
  
 
 
  
   <東北の名勝地1>   鶴の舞橋(青森)   尾瀬沼散策(群馬・福島)   安達太良渓谷(福島)   
< NEXT 尾瀬沼散策(群馬・福島) >





 1.日本一長い木橋 ”鶴の舞橋” を訪れる
 
     
 鶴の舞橋
 (つるのまいはし)
 観光地
 青森県
北津軽郡鶴田町
 (撮影 2018.08.14)
 鶴の舞橋は平成6年7月8日、岩木山の雄大な山影を湖面に美しく映す津軽富士見湖に、日本一長い三連太鼓橋「鶴の舞橋」として架けられました。全長300メートルもの三連太鼓橋はぬくもりを感じさせるような優しいアーチをしており、鶴と国際交流の里・鶴田町のシンボルとして、多くの人々に愛されています。
 岩木山を背景にした舞橋の姿が鶴が空に舞う姿に見えるとも言われ、また、橋を渡ると長生きができるとも言われています。夜明けとともに浮かび上がる湖面の橋の姿や、夕陽に色づく湖と鶴の舞橋は絶景で、季節の移り変わりと共に多くの観光客たちの目を楽しませています。
   (鶴田町役場HPより)  


(Size : 3,963KB) 鶴の舞橋と岩木山を望む マ鶴の舞橋を渡る







 2.三連太鼓橋 ”鶴の舞橋” を散策する
【 鶴の舞橋について 】 

 「鶴の舞橋」は、ゆるやかなアーチを描く三連太鼓橋です。巌鬼山、鳥海山、岩木山の三峰で形成される岩木山を模しており、天候が悪く湖面に岩木山が映らない日でも、橋の影を岩木山に見立てて観賞できるよう配慮しています。
また、橋には、数字にまつわる不思議な謎も秘められています。

       〇全長300メートル、幅3メートルの三連の橋
       〇橋脚の直径が30センチ、
       〇丸太使用量3,000本、
       〇板材3,000枚       と「3」づくしです。

   さらに、廻堰大溜池の完成が万治3(1660)年3月
       藩政時代から「3」に縁があった場所となっています。

 また、富士見湖パークに祀られている「観音八角堂」の宝珠と橋が、一直線上で結ばれていることも完成後に発見されました。
「長い木の橋」=「長生きの橋」は、神聖な数字の重なりによって完成し、観音様にもまっすぐ通じる「みち」となっています。鶴の舞橋が、近年、開運・長寿のパワースポットとして、全国から注目を集めている理由は、そうしたところにあるのかもしれない。

 また、富士見湖パークには、弘前藩が新田開発にともなって、日本で初めて防風林の植林事業を行った「屏風山」の起点部があります。藩政時代から人知を尽くして取り組んできた遺産は、今も農業の守り神として私たちの暮らしを支えています。
                                 
(鶴田町役場HPより) 

 


駐車場より、鶴の舞橋を望む
富士見湖パークの売店です 富士見湖パーク管理棟です
岩木山を背にして「鶴の舞橋」を望む 「鶴の舞橋」を望む。後方は岩木山です



google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)
津軽富士見湖に浮かぶ、鶴の舞橋を望む







  @お気に入り写真  (鶴の舞橋にて @)
 




『日本一なが〜いきの橋』、「鶴の舞橋」を渡る




岩木山側から「鶴の舞橋」を望む




岩木山と「鶴の舞橋」を望む




丸太が3,000本使われている「鶴の舞橋」を望む






岩木山を望む


 
   Aお気に入り写真  (鶴の舞橋にて A)




「鶴の舞橋」、橋桁を望む




「鶴の舞橋」、橋桁を望む




「鶴の舞橋」、橋桁を望む






「鶴の舞橋」を望む




「鶴の舞橋」、3,000本の丸太を望む






「鶴の舞橋」、欄干を望む。維持費がかかると思いますが、無料で渡ることができます


 
   Bお気に入り写真  (鶴の舞橋 Bにて)




「鶴の舞橋」、津軽富士見湖を望む




「鶴の舞橋」、津軽富士見湖を望む




「鶴の舞橋」にて




「鶴の舞橋」と津軽富士(岩木山)を望む






 
   Cお気に入り写真 (鶴の舞橋Cにて)




「鶴の舞橋」と津軽富士(岩木山)を望む






鶴の舞橋にて、現地案内板です




津軽富士見湖に浮かぶ岩木山と鶴の舞橋を望む





「鶴の舞橋」と津軽富士(岩木山)を望む




「鶴の舞橋」、味わいのある橋です




津軽富士見湖に浮かぶ、「鶴の舞橋」を望む
 
 




津軽富士見湖より、津軽富士(岩木山)を望む。右側に「鶴の舞橋」がかすかに見えます(あります)






< NEXT 尾瀬沼散策(群馬・福島) >
   <東北の名勝地1>   鶴の舞橋(青森)   尾瀬沼散策(群馬・福島)   安達太良渓谷(福島)   

  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止