Ver 5.0
日本の歴史を訪ね歩く
  (日本の歴史・日本のふるさとを歩く)
[画像]  日本人の心のふるさと ”伊勢神宮(外宮)” に参拝する
     
  
 
 ”伊勢神宮(外宮)” に参拝する
 伊勢神宮 外宮
 (いせじんぐう げぐう)
 神社
 三重県 伊勢市
  (撮影 2004.07.17)
  (撮影 2012.09.17)
 伊勢神宮には皇大神宮(こうたいじんぐう)と豊受大神宮(とようけだいじんぐう)が有ります。通常は皇大神宮を内宮(ないくう)、豊受大神宮を外宮(げくう)と呼んでいます。内宮は天照大神(あまてらすおおみかみ)、外宮は豊受大御神(とようけのおおみかみ)を祭っています。
 

 豊受大御神(とようけのおおみかみ)は天照大御神(あまてらすおおみかみ)のおめしあがりになる大御饌(おおみけ…食物)の守護神であり農業をはじめ諸産業をつかさどる神とされています。   (ウィキペディアより)   
(Size : 1,501KB)  伊勢神宮外宮、表参道を望む 伊勢神宮外宮、正宮を望む
 伊勢神宮外宮 ”表参道 火除橋” を渡る
伊勢神宮外宮、火除橋より、表参道を望む
伊勢神宮外宮、火除橋を望む 表参道の第一鳥居を望む
           
 ”伊勢神宮” 参道を進む
  
 【伊勢神宮への参拝】

 伊勢神宮とは、伊勢の宇治の五十鈴(いすず) 川上にご鎮座の皇大神宮(こうたいじんぐう、 内宮=ないくう)と、伊勢の山田の原に ご鎮座の豊受大神宮(とようけだいじんぐう、 外宮=げくう)及び別宮など125社神社の総称です。

神宮参拝の順路は、多くの場合まず外宮 からというのが古来からのならわしです。
外宮は、伊勢市駅から歩いて7分ぐらいです。 その後内宮ヘとお参りするのがよいでしょう。   
(ウィキペディアより)

 
ゆっくりと参道を歩く、自然と心が落ち着かされます。(北御門口参道にて)
伊勢神宮外宮、神楽殿を望む 伊勢神宮外宮、神楽殿の御朱印所です。お守りを求める参拝客です
 伊勢神宮外宮 ”正宮(しょうぐう)” に参拝する
正宮を望む (ズームアップ)
 
 外宮(豊受大神宮)拝所にて
 

 伊勢神宮外宮の正宮は、正殿・西宝殿・東宝殿の3つからなっております。幾重に板垣が巡らされており、拝所からは直接見ることはできません。正殿の背後には御饌殿(みけでん)と外幣殿(げへいでん)が並びます。また、正宮の隣には次の神宮式年遷宮の際に正宮が建てられる御敷地があります。この御敷地は、前回の式年遷宮の時に正宮が置かれていた土地であることから「古殿地」とも称します。

正宮(しょうぐう)を望む
 ”神々しい” 空気を感じる参道を進む
伊勢神宮外宮の参道は、神々しい空気の中、内宮と違いのびのびとした解放感のある感じがしました。
 
  ”伊勢神宮外宮の神々” に参拝する
 
参道を進む 上段:別宮 土宮(つちのみや)を望む
下段:別宮 風宮(かぜのみや)を望む
参道を歩く、左側は正宮です 別宮 ”土宮”を望む 別宮 ”多賀宮”を望む 別宮 ” 風宮”を望む
 
 伊勢神宮 ”外宮(豊受大神宮)”  案内
【 伊勢神宮外宮について 】

 
伊勢神宮外宮の境内には多賀宮(たかのみや)、風宮(かぜのみや)、土宮(つちのみや)の3つの別宮(べつぐう、正宮に次ぐ高位の宮)を始め、斎館、神楽殿、神々の食事を調製する忌火屋殿(いみびやでん)、神酒を納めた御酒殿(みさかどの)などの建物があり、外宮の境界を守る四至神(みやのめぐりのかみ)が正宮の前に祀られています。     (ウィキペディアより)

伊勢神宮外宮 勾玉(まがたま)池と奉納舞台を望む (■カーソルセットで外宮の案内図が表示されます)
正宮前にある池です。水は残念ながら清水とはなっておりませんでした 伊勢神宮外宮にて
伊勢神宮 休憩所より、せんぐう館を望む 伊勢神宮外宮、表参道入口を望む  参道にある巨大杉です   伊勢神宮外宮、勾玉池を望む
Yahoo!地図より ■カーソルセットで航空写真の表示 ■カーソルセットで航空写真の表示
後  記

 伊勢神宮の参拝は、外宮からが古来からのならわしであるとのことです。このならわしに従い外宮から参拝しました。

 外宮は内宮と比べ参拝者も少なくゆったりと参拝することができました。だた外宮境内の参道が短いためか、ゆったりと参拝したつもりでしたが40分程で駐車場に戻り着いてしまい、参拝が短時間で終わってしまったのは残念でした。

 今回は外宮から内宮までは車で移動し内宮へ参拝しましたが、次回は時間をかけ外宮から内宮まで歩いて参拝に行きたいと思いました。    
(2013.01.16)
 

別宮 多賀宮(たがのみや)に参拝する 
 
Home                                          Back
Copyrightc e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止