Top                                                      Back
         世界遺産を訪ね・歩く
 
 
No.1   瀋陽 ”故宮”                (中国 遥寧省:瀋陽
 
 瀋陽故宮(しんようこきゅう)は中国の遼寧省瀋陽市内に残る清の離宮であります。北京の故宮と並んで保存状態の良い封建時代の中国の皇帝の皇居でした。建築様式は漢民族、満州民族、蒙古民族の様式が融合しています。規模は北京の故宮の12分の1であります。1625年に建てられ、後金の2人の皇帝・ヌルハチとホンタイジの皇居で、清の入関後は引き続き離宮として用いられました(ウィキペディアより)
 

   
 No.2  清朝の2代皇帝 ヌルハチとホンタイジの皇居
 瀋陽故宮は、1961年に中華人民共和国の全国重点文物保護単位に指定されました。2004年にユネスコの世界遺産(文化遺産)、北京と瀋陽の明・清王朝皇宮に追加登録されました。現在は瀋陽故宮博物院として一般公開されています。(ウィキペディアより)
   
  
瀋陽故宮入口から宮内を見る 太正殿の龍  武官の執務室から大正殿を見る
大清門  崇政殿(ホンタイジの宮殿で、ここで執務 出口から見える太正殿
  

   
 No.3  皇帝の象徴 ”金の龍”
 
 瀋陽故宮は、主に東院、中院、西院に分けられます。中院は瀋陽故宮の中でもホンタイジ時代の建物で、主な建物には崇政殿、清寧宮、鳳凰楼があります。崇政殿は中院の正殿で、ホンタイジの執務室でありました。鳳凰楼は瀋陽故宮の中でも最も高い建物で3層から成っています。3層目からは皇帝が酒を飲みながら月を見たという。清寧宮は皇帝と皇后の寝室と側室の寝室4棟が並ぶ皇帝とその家族の生活空間でありました。(ウィキペディアより)
鳳凰楼(瀋陽で一番高かった建物)      
 鳳凰楼は、一種の宝物庫で、一層は門で、二層は諸皇帝の金や玉の宝物を、三層は歴代皇帝の肖像画や絵画を蔵するところであったようです。(ウィキペディアより)
崇政殿玉座の上を見ている(発展途上を表す)龍



No.4  北京故宮の12分の1の大きさを誇る”瀋陽故宮” 
 
 東院は瀋陽故宮の中でも最も古くから建てられ、主にヌルハチ時代の建物で主な建物に大政殿や十王亭があります。ホンタイジの時代には行事の時しか使われないようになっていました。 大政殿は東院の正殿で八角形をしており、世界唯一の建築様式で、移動式テント・ゲルを真似ています。正面の2つの柱には皇帝の象徴・金の龍が絡み付いています。 十王亭は右大臣に相当する右翼王と左大臣に相当する左翼王の執務室と八旗それぞれの建物それぞれ10の建物で、大政殿前の広場の左右にあります。 桂林中国国際旅行社のHPより)
 
  
  
 

 
 清の軍事組織、八旗の兵制は、ヌルハチが、狩猟の際の体形を発展させた軍事組織で政治、経済、社会の基本組織でもありました。(江戸時代の藩に似た組織) この軍事組織が、鉄砲、大砲などの装備の勝る明の出先の軍を倒していったのであります。太政殿でヌルハチを中心に十王が軍議している間、各旗の幕僚が王亭で待機していたとのことです。(中国旅行者HPより)
     崇政殿のホンタイジの玉座 継思斎(漢字と満語で書かれた額)
 
故宮入口      清寧宮(第一婦人の間) 清寧宮の天井 太正殿の横にある武官の執務室前
故宮入口 継思斎の内部     12段の煙突 太正殿の内部 太正殿からの眺め


 No.5  太正殿の龍と瀋陽故宮案内
 入門して右側(東)に、八角形の太政殿とその前に左右五つある十王亭であります。太政殿の八角形というのは、女真民族特有のものであります。この建物は、太宗、世宗の二帝の即位式が挙げられたところでありますが、普段は太政(軍政)を議する重要な殿であります。十王亭は、二王(右翼王亭と左翼王亭)と八旗の王亭で、二王・八旗亭の云う方が正確だと指摘されております。(中国旅行者HPより)
太正殿の龍
清寧宮(第一婦人の間)の天井 太正殿
瀋陽 故宮のガイドをしています、ボランテアの皆さんです
 
 
 
 
 中国の歴史に詳しくない私は、今回の瀋陽故宮を訪れたことで、漠然としていた中国の歴史が少しつながりました。清王朝は、ヌルハチとホンタイジの2代で建国し、そして3代皇帝 順治帝の時、明が滅亡し、北京に遷都し、大清帝国を作ったこと。そして、清朝「最後の皇帝」(第12代皇帝宣統帝(せんとうてい、1908年 - 1912年))、溥儀が日本軍と、満州国をつくり・・・・。ラストエンペラー溥儀へとつながっていきました。歴史の重さをつくづく感じました。
 
 
 
  Back
Copyright (c)  e-aruki Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁  (by Xinku Yingxing)