Ver 8.0
  
 
 
 ( 日本 : 明治日本の産業革命遺産 )
  
  
  
[画像]  世界文化遺産 明治日本の産業革命遺産 ”軍艦島(端島炭坑)” を訪れる (2)
  

軍艦島クルーズ船より、軍艦島(端島)を望む  
  
  
  
 
 
  
   < 明治産業革命遺産 >   三重津海軍所跡(佐賀)  高島(炭坑)  軍艦島(端島炭坑)@A(上陸)  グラバー園旧グラバー住宅  長崎造船所 旧木型場  三菱長崎造船所(小菅修船場跡・他)  
<  NEXT 旧グラバー住宅 >



 
世界文化遺産登録 ”明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業”


(世界遺産(19) 2015年7月登録)

 

 1850年代から1910年にかけて日本の重工業化に貢献した遺産群で、「軍艦島」として知られる長崎市の端島炭鉱をはじめ、九州の鹿児島県から東北の岩手県にかけて点在する23資産が、
幕末期の西洋技術の導入や、その後の国家主導で発展させてきた鉄鋼・製鉄、造船、石炭産業の近代工業化の過程を示す資産として顕著な普遍的価値を有していると評価され、新規登録の運びとなりました。

もともと日本政府は「明治日本の産業革命遺産」という名称で推薦していましたが、名称は変更されて登録されました。今回の新規登録で、日本の世界遺産登録数は19件となります。

明治日本の産業革命遺産 構成遺産リスト

  萩(山口県)
       1. 萩反射炉
       2. 大板山たたら製鉄遺跡
       3. 恵美須ヶ鼻造船所跡
       4. 松下村塾
       5. 萩城下町

  鹿児島
       6-1. 旧集成館
       6-2. 旧集成館機械工場
       6-3. 旧鹿児島紡績所技師館(異人館)
       7. 寺山炭窯跡
       8. 関吉の疏水溝

  韮山(静岡県)
       9. 韮山反射炉

  釜石(岩手県)
       10. 橋野高炉跡及び関連遺跡
  佐賀
       11. 三重津海軍所跡

  長崎
       12. 三菱長崎造船所 小菅修船場跡
       13. 三菱長崎造船所 第三船渠
       14. 三菱長崎造船所 ジャイアント・カンチレバークレーン
       15. 三菱長崎造船所 旧木型場
       16. 三菱長崎造船所 占勝閣
       17. 高島炭坑
      ●18. 端島炭坑(軍艦島)
       19. 旧グラバー住宅

  三池(福岡県・熊本県)
       20-1. 三池港
       20-2. 三池炭鉱 宮原坑
       20-3. 三池炭鉱 万田坑
       20-4. 三池炭鉱専用鉄道敷跡)
       21. 三角西(旧)港

  八幡(福岡県)
       22-1. 官営八幡製鐵所 旧本事務所
       22-2. 官営八幡製鐵所 修繕工場
       22-3. 官営八幡製鐵所 旧鍛冶工場
       23. 官営八幡製鐵所 遠賀川水源地ポンプ室

                     (文化庁 HPより)
 
     
 
 





 1.明治日本の産業革命遺産 ”軍艦島(端島炭坑)” に上陸する
 
     
 端島炭坑(軍艦島)
 (はしまたんこう (ぐんかんじま))
 世界文化遺産
 「明治日本の産業革命遺産」として
 2015年7月登録
 長崎県 長崎市(旧高島町)
 (撮影 2016.05.05)
 端島(はしま)は、長崎県長崎市(旧高島町)にある島です。明治時代から昭和時代にかけては海底炭鉱によって栄え、東京以上の人口密度を有していましたが、1974年(昭和49年)の閉山にともない島民が島を離れてからは、無人島となっています。

 端島は、軍艦島(ぐんかんじま)の通称で知られています。2015年、国際記念物遺跡会議(イコモス)により、軍艦島を構成遺産に含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録されました。
                (ウィキペディアより) 


(Size : 6,249KB) 端島(軍艦島)、第1見学広場からの風景です 端島(軍艦島)、第1見学広場方面を望む







 2.明治日本の産業革命遺産 ”軍艦島(端島炭坑)” を訪れる
【 軍艦島(端島炭鉱)について 】

 軍艦島(端島)は、小さな海底炭坑の島でした。岸壁が島全体を囲い、高層鉄筋コンクリートが立ち並ぶその外観が軍艦「土佐」に似ているところから「軍艦島」と呼ばれるようになりました。
 最盛期の昭和35年(1960)年には約5300人もの人が住み、当時の東京都区部の9倍もの人口密度に達し、島内には小中学校や病院など生活は全て島内で賄えるようになり、映画館やパチンコホールなどの娯楽施設もそろっていました。
 端島炭坑の石炭はとても良質で、隣接する高島炭坑とともに日本の近代化を支えましたが、主要エネルギーが石炭から石油へと移行したことにより昭和49(1974)年に閉山、島は無人となりました。


                                 
(長崎市公式観光サイトより) 

 



軍艦島(端島)に上陸する。ドルフィン桟橋(船接岸場所)にて
軍艦島(端島)へ接岸の様子です。ドルフィン桟橋(船接岸場所)にて 軍艦島(端島)、第2見学広場にて
軍艦島(端島)、巻揚げ櫓(入気口)を望む(第2見学広場にて) 端島(軍艦島)第三見学広場にて、7階建ての30号棟アパートを望む 



google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)
端島(軍艦島) ドルフィン桟橋(船接岸場所)より、端島への入口を望む







  @お気に入り写真  (軍艦島(端島炭坑)にて)    ※端島炭鉱は、1974年閉山により無人となりました
 




端島(軍艦島)、第1見学広場付近からの風景です




軍艦島(端島)、ドルフィン桟橋(船接岸場所)にて




端島(軍艦島)、ドルフィン桟橋(船接岸場所)方面を望む





端島(軍艦島)にて






端島(軍艦島)、第1見学広場を望む。ガイドさんから観光及び島内での注意事項の説明を受けます




端島(軍艦島)、第1見学広場からの風景です






端島(軍艦島)、第1見学広場からの風景です


 
   Aお気に入り写真  (軍艦島(端島炭坑)にて)




端島(軍艦島)、第1見学広場からの風景です




軍艦島(端島)、第1見学広場〜第2見学広場にて




端島(軍艦島)の地図です。(軍艦島パンフレットより)







端島(軍艦島)、第2見学広場にて






端島(軍艦島)、第2見学広場にて






端島(軍艦島)、第2見学広場近くからの眺めです




端島(軍艦島)、第2見学広場にて


 
   Bお気に入り写真  (軍艦島(端島炭坑)にて)




端島(軍艦島)、第2見学広場から第3見学広場に向かう




端島(軍艦島)、第1見学広場にて






端島(軍艦島)、第2見学広場にて




端島(軍艦島)、第2見学広場にて




軍艦島(端島)、巻揚げ櫓(入気口)を望む(第2見学広場にて)






軍艦島(端島)、総合事務所を望む(第2見学広場にて)


 
   Cお気に入り写真 (端島炭坑(軍艦島)にて)




端島(軍艦島)にて、大正5(1916)年に建てられた7階建ての30号棟アパートを望む (第三見学広場にて)

日本最古の鉄筋コンクリート造の高層アパートといわれています。
鉱員社宅として建設され、内庭には吹き抜けの廊下と階段があり、地下には売店もありました。





端島(軍艦島)、第三見学広場にて




端島(軍艦島)、プール跡を望む
 




端島(軍艦島)にて、大正5(1916)年に建てられた7階建ての30号棟アパートを望む (第三見学広場にて)




端島(軍艦島)、ドルフィン桟橋(船接岸場所)を望む






軍艦島(端島)を後にする




<  NEXT 旧グラバー住宅 >
   < 明治産業革命遺産 >   三重津海軍所跡(佐賀)  高島(炭坑)  軍艦島(端島炭坑)@A(上陸)  グラバー園旧グラバー住宅  長崎造船所 旧木型場  三菱長崎造船所(小菅修船場跡・他)  

  
  
  
    Home  Back
  
Copyrightc e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止