Ver 5.0
  
 
 
 世界遺産を訪ねる・歩く
    (世界文化遺産 紀伊山地の霊場と参詣道)
  
  
    
[画像] [世界文化遺産 日本5]  熊野三山 ”那智大滝(飛瀧神社)” に参拝する
  
  
  
  
  
  
 世界文化遺産 ”那智滝” に参拝する
 
 那智滝(なちのたき)
 飛瀧神社(ひろうじんじゃ)

 世界文化遺産
 (2004年登録)
 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町
  (撮影 2012.09.16)
 那智滝(なちのたき)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町の那智川にかかる滝です。一の滝における落差は133mであり、総合落差では日本12位となっていますが、一段の滝としては落差日本1位を誇ります。華厳滝、袋田の滝と共に日本三名瀑に数えられています。

 国の名勝に指定され(1972年7月11日指定、指定名は「那智大滝〈なちのおおたき〉」)です。2004年7月7日、ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されています。    
(ウィキペディアより)
(Size : 1,372KB)
飛瀧神社境内から那智滝を望む 飛瀧神社拝所(お滝拝所)より、那智滝を望む 
 
 
 ”那智滝 (飛瀧神社)” に拝観する
 

 【那智の大滝】

 那智山中には、いくつかの渓流があり、その渓流には60余に達する多くの滝が架かっています。「那智滝」とは、本来は、那智山の多くの滝のうち、瀧篭修行の行場として扱われた48の滝(那智四十八滝)の総称でありました。現在は一般に那智滝として知られている滝はこれらのうち、”一の滝”を指しています。

 那智山一帯は、滝に対する自然信仰の聖地であり、一の滝は現在でも飛瀧神社の神体であり、飛瀧神社の境内に設けられた滝見台からその姿を見ることが出来ます。
 また、滝の落口の岩盤に切れ目があり三筋に分かれて流れ落ちるため三筋の滝ともいわれています。那智の滝の代表するということから那智の大滝とも呼ばれています。  
(ウィキペディアより)

 
■ 飛瀧神社参道(入口)を望む ■
 
飛瀧神社の鳥居を進むと世界遺産登録記念碑があります 飛瀧神社の入口を望む
 
 飛瀧神社 ”境内と御神体那智滝” を望む
 
■ 飛瀧神社境内とお滝を望む ■
  
 
 飛瀧神社 ”御神体の那智滝” に参拝する
   
■ 飛瀧神社より、大滝を望む ■
  
  
  
 飛瀧神社にて 延命長寿、お滝水より大滝を望む
 お滝拝所へ続く石段です お滝拝所より、お滝を望む
  
 
 
 飛瀧神社 ”那智滝” を望む(1)
 
■ 飛瀧神社、お滝拝所(滝見台)より那智滝を望む ■
 
 飛瀧神社 ”那智滝” を望む(2)
  
■ 延命水、お滝拝所参入口のすぐ近くにあります ■
   
お滝拝所(滝見台)より那智滝を望む(1) お滝拝所(滝見台)より那智滝を望む(2)
  
  
 ”飛瀧神社(那智滝)” 案内
  
【那智四十八滝】

 那智原始林内には多くの滝があり、このうち48の滝に番号と諸宗教(神道を中心に、儒教、仏教、道教、陰陽五行説など)にもとづく名が与えられていました。
 これらの滝では、青岸渡寺開祖と伝えられる裸形上人をはじめとする宗教者たちのほか、花山法皇も二の滝の断崖上に庵を設けて、千日滝篭行をしたと伝えられています。しかし、明治期の神仏分離令・修験道廃止令によって、これらの行を支えた神仏習合的な信仰が失われるとともに、明治初期からは所在や名称も不明となっていました。

 1991年、わずかに残された古文書を手がかりに、地元の有志・新聞社・僧職などが四十八滝探査プロジェクトを行い、再発見に成功しました。また、1992年からは青岸渡寺の手によって、那智四十八滝回峰行が再興されています。   
(ウィキペディアより)

  
■ 那智滝とお滝拝所(滝見台)を望む ■
  
   
飛瀧神社境内を望む お滝拝所参入口を望む
 
 飛瀧神社、入口の鳥居です 飛瀧神社境内にて  那智滝、お滝拝所にて 熊野道は青岸渡寺横から続いていました
 
  
  
Yahoo!地図より Yahoo!地図より(■カーソルセットで写真表示) Yahoo!地図より(■カーソルセットで写真表示)
  
 
           
後   記   

 那智大滝については、一度は見ておきたいと思っておりました。
 当日は、あいにく降ったりやんだりの天気でした。雨は集中豪雨のような強烈な雨で、まるで滝のような・・・感じでした。青空には恵まれませんでしたがおかげさまでものすごい水量の大滝を見ることができました。別名3筋の滝と落下口は3筋に分かれているとのことですが、大量の水のため、筋を見ることはできませんでした。雨の中の豪快な滝も素晴らしいと思いました。次回は晴天の中、青空に映える那智滝を眺めに来たいと思いす。  
(2013/7/12)

 
熊野那智大社から那智大滝へ続く古道を歩く
 
  
  
  
  
  Home  Back  
  
Copyright (c) e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止