Ver.1
 日本の花の中を歩く!     
(2005.5.4)
 ■Top
戻る 足利の”ふじ” の中を歩く 閉じる
(栃木県:あしかがフラワーパーク) 
  
  
  
  5月4日朝4時、車で自宅を出発しました。早朝にもかかわらず駐車場が近づくにつれ、だんだんと混雑し、駐車するのは大変でした。ネットでは入園は10時となっておりましたが7時半に着いた時には開園しておりラッキー!。
  ここのパークでは藤の木・花のすごさ、美しさを堪能するこができました。ただ、白藤、きばな藤には若干早かったのは残念、ここまでは欲張りかな〜。

  
 ※「あしかがフラワーパーク」には、うすべに藤、むらさき藤、白藤、きばな藤が開花を少しずつずらしながら、咲き続けます。
  
  
  
  

1.天然記念物「迫間のフジ」を見る

  
  
 <つつじの花が藤の美しさ一段とを引き立たせて
います> (拡大)
<天から降りそそぐような”藤の花”です>(拡大)
  
  
  
  

2.フジの花中を歩く

 
<藤の花を真下から見ました>
  
 <山頂には、椿、くちなしの花が綺麗に咲いています>
<世界唯一の白藤のトンネル>
  
 <足元には山野草が咲いています>
 
  
  
  
  
 

3.藤の花とつつじの花の饗宴

 
                                                                       
  
  
  
  
 

4.パーク全景(沼と花)

 

 あしかがフラワーパークには日本唯一の80mに渡って続く、きばな藤のトンネルがあります。、5月の中旬あたりが見ごろかな!?。

  
  
  
  
  
 

5.あしかがフラワーパークにて

 
  最後に、「白藤のトンネル」、「きばな藤のトンネル」はそれぞれ80メートル程の長さがあります。今回は残念ながら開花が3〜4分咲きでした。ここのパークの見所は今回のうすべに藤、むらさき藤のピークの時と藤のトンネルのピーク時と二度有ると思います。次は、満開の藤のトンネルの中を歩いてみたい。
  
 
  
  
  
  
戻る  このページを閉じる