Ver 3.0
  Top                                                       Back
      日本の山に登る・山を歩く
みずがき山自然公園より瑞牆山を望む
   
  

 奥秩父 ”瑞牆山 (2,230m)”          (山梨県:北杜市)
 
 
 瑞牆山(みずがきやま)は山梨県北杜市(旧北巨摩郡須玉町)にある標高2,230mの山で、奥秩父の山域の主脈の一つです。「瑞牆」とは神社の周囲の垣根のこと。日本百名山のひとつです。
 全山が黒雲母花崗岩で形成される。南西部は風化や浸食の影響を受け、独特の岩峰が聳える景観を作っており、地元ではコブ岩と呼ばれています。
 深田久弥は、この山を「針葉樹の大森林からまるでニョキニョキと岩が生えているような」と表現した。鋸岩、大ヤスリ岩など、岩々に名前が付けられています。 (ウィキペディアより)
 


登山道より大ヤスリ岩を望む
 
 
山名の由来      富士見平小屋
登山道の梯子が小さく見える桃太郎岩
 山名の由来は、山稜を三分割する「みつなぎ」の転訛説や、崖を意味する「がき」に由来する。また、『甲斐国志』では、玉塁と呼ばれる金峰山に対し、瑞塁を呼び習わしたとする説が紹介されている。古くからの信仰の山で、洞窟には修験者の修行跡や刻字が残り、山頂の西峰には弘法岩があり、空海開山伝説も伝わる。みずがきとは、神社の周囲に巡らす垣根のことで、もともとは「瑞垣」とも「瑞塁」とも書く。 (ウィキペディアより)
 
樹林帯から山頂を垣間見る 天鳥川出合いにて
 
 

 山頂からの眺望 ”富士山”を望む
 
 
 


途中木立の合間からの富士


山頂からの富士さんより


 帽子をかぶった富士山  
  
 
 

 山頂周りの”シャクナゲ”                           
 
山頂直下の梯子場に咲いているシャクナゲ、見事である 
 
 
 

 
 ”瑞牆山” 山頂からの眺望 (1)
 



山頂より富士山を望む
 
山頂より金峰山を望む
山頂より大ヤスリ岩を望む
 
 

 登山道で見つけた”お花”
 
 山頂に咲くシャクナゲ(金峰山を望む)
 
   
    シモツケ
 

 瑞牆山自然公園 ”不動滝
 
 
不動滝
 
瑞牆山から自然公園へ
鬱蒼とした登山道 夫婦岩
 
 

 奥秩父 ”瑞牆山” 案内
  
 【日本百名山 深田久弥著 「69 瑞牆山」より】
 
 瑞牆山は秩父連山の西端に位置する標高2,230mの花崗岩山です。 まるでノコギリのような独特のギザギザ頭は今から2万年以上も昔の火山活動の名残で、その大小様々な形の岩が切り立つ山頂は奇峰の名にふさわしく、大小の奇岩にはヤスリ岩、弘法岩、十一面岩などの名前が付けられています。 弘法岩からもわかるように、瑞牆山は弘法大師が修行した山と伝えられ、弘法岩の基部にはカンマンポロン(不動尊大日如来)という梵字のようなものが刻まれているという。 これは弘法大師が彫ったものだとも言われるが、実のところは雨による侵食というのが本当らしい。 いずれにしても山岳信仰の山である。 

 
瑞牆山 山頂風景 (■Zoomで「秀山研」作成の3DMap表示)
 
富士見平キャンプ長にて 富士を望む 山頂近くの巨石 山頂にて 第52回全国植樹祭記念  植樹祭公園からの瑞牆山
 
 
Yahho!地図より ■Zoom ■Zoom
 
 
 
後 記
 
 瑞牆山へは、山が深くアプローチが大変との想いがあり、中々足が向かなかった。7月の連休を利用し、のんびり山行として行ってきました。
 富士見平小屋キャンプ場を5:40まだ薄暗い中を山頂を目指し、歩き始める。木々の間からは、のこぎり状の山頂が見え隠れする。天鳥川の出合までは、のんびりとした歩きだが、ここから本格的な登りとなる。樹木のため、視界は余り良くないが、視界の開けたところで振り返ると、高度がどんどん稼げていることが実感できる。出合から一時間チョッと、稜線からの冷たい風を感じる。尾根が近いことを教えてくれる。8:00山頂に到着。
 山頂は、足がすくむ絶壁である。高いところが苦手な自分は、おそるおそる足元をのぞき見る。吸い込まれそうな高度感である。帽子を被った富士が見え、金峰山も山頂付近はガスの中である。八ヶ岳、南アルプスもはっきりしない。それでいながらここからの眺望と開放感は素晴らしい。次は秋晴れの中で来て見たい。

 
 
 
富士見平から瑞牆山へ コース概要
日程  2009年7月19日 ●初日  自宅(車) ⇒ 須玉(IC) ⇒ 瑞牆町営駐車場 
瑞牆町営駐車場(7:00) → 富士見平小屋キャンプ場(7:50) → (幕営)
△金峰山行き

●2日目
富士見平小屋キャンプ場(5:40)  → 天鳥川出合(6:10) → (尾根分岐)7:50 → 8:00▲瑞牆山(2230m)8:20 → 不動滝9:50 → 林道終点10:40 → 11:10植樹祭公園11:30 → (13:00)富士見平小屋キャンプ場 

●(帰り)
富士見平小屋キャンプ場(14:00) 
→ 瑞牆山荘:町営駐車場(車15:30) ⇒ 須玉IC(電車) ⇒ 自宅
山名  瑞牆山
山域  奥秩父
入・下山地  瑞牆山荘/富士見小屋山荘
メンバー  単独 
メモ  富士見小屋キャンプ場(泊) 
 
  Back
Copyright (c)  e-aruki Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁  (by Xinku Yingxing)