Ver 3.0
  Top                                                       Back
      日本の山に登る・山を歩く
吾妻小富士を望む
   
  

 吾妻山 ”東吾妻山 (1,975m)”       (福島県:福島市、山形県:米沢市)
 
 吾妻山(あづまやま、あづまさん)もしくは吾妻連峰(あづまれんぽう)は、福島県福島市西部から山形県米沢市南部の天元台にかけて、東西およそ20キロメートル、南北およそ10キロメートルにわたって標高2,000メートル級の火山が連なる山脈です。最高峰は西吾妻山(2,035メートル)。日本百名山やうつくしま百名山にもあげられています。 (ウィキペディアより)
 
浄土平を望む
 
吾妻連峰
 吾妻連峰は最東部の吾妻小富士(1,705メートル)、東吾妻山(1,975メートル)、一切経山(1,949メートル)がある。一切経山と吾妻小富士に囲まれた平坦地が浄土平(1,580メートル)である。中央部には東大巓(1,928メートル)、中吾妻山(1,931メートル)、最西部には中大巓(1,964メートル)、西吾妻山(2,035メートル)、西大巓(1,982メートル)などの山々がゆるやかに盛り上がっている。 (ウィキペディアより)
      
 
 
 

 吾妻連峰のシンボル ”吾妻小富士”
 
  吾妻小富士(あづまこふじ)は、福島県福島市にある標高1,707mの山。吾妻連峰のひとつです。中央にある大きな火山カルデラが、麓の福島市側から見るとあたかも富士山の山頂のように見える。
 


吾妻小富士を望む
   
 
 

 ”吾妻小舎” にて
 
吾妻小舎のランプ
  
  
吾妻小富士 吾妻小舎にて
  
  

 
 ”吾妻小富士 (1,707m)” 眺望 
 
 


吾妻小富士と浄土平を望む
 
東吾妻山山頂にて
   
 
 
 
 
 浄土平より、一切経山を望む    
 
 
雪に埋もれた浄土平
  
  
  
 
  
 吾妻連峰 ”吾妻山”  案内
  
 【日本百名山 深田久弥著 20 吾妻山」より】

 一口に吾妻山と呼んでも、これほど茫漠としてつかみどころのない山もあるまい。福島と山形の両県にまたがる大きな山群で、人はよく吾妻山に行ってきたというが、それは大ていこの山群のほんの一部に過ぎない。
 この山群には一頭地を抜いた代表的な峰がない。それでいて、東北では貴重な千九百米以上の高さを持つ峰が、十座近くも群がっている。しかもそれらの峰がいずれもずんぐりした形で、顕著な目じるしがないので、遠くからこの山群を望んで、どれがどの峰かにわかに識別しがたいほどである。
 そのなかで吾妻小富士が名の通り一つのまとまりを見せているが、しかし千七百米しかなく、形も小規模なので、これをもって吾妻山の代表とするわけにはいかない。東吾妻、中吾妻、西吾妻という名称の使いわけも、この山群の地形を分明にするものでない。それらと同資格の一切経(いっさいきょう)山、東大巓(だいてん)、西大などが、他に譲らず頑張っている。

 
 
 
       
  
  
Yahho!地図より ■Zoom ■Zoom
 
 
 
後 記
 
 山スキーの入門コースとしてでかけました。若いころこの地のユースホステルに宿泊し吾妻の山々やスキーを楽しんだ場所でした。今回はあづまスキー場でリフトを使いリフト終点から、浄土平、東吾妻山を回り、スカイライン沿いに滑り引き返す予定でした。浄土平で地元のスキーグループの人たちに誘われ、合流しました。吾妻小舎で昼食を共にし、一緒に土湯温泉に下山し、温泉で汗をながし帰りました。
 地元の山スキーグループの人達には大変お世話になり、一生忘れられない思い出になりました。ありがとうございました。 
(1981.3.21)

  
  
【高湯温泉から東吾妻山へ】 コース概要
 日程 1981年3月21日 ●(行き)  横浜 ⇒ (記録無し) 
     

  ----------------------------------------------------
 高湯温泉 → あづまスキー場(リフト) → 裏磐梯東スカイライン → 浄土平  → 吾妻小舎 → △東吾妻山(1974m) → 磐梯吾妻スカイライン → 土湯峠 → 土湯温泉(温泉入浴) 
  ----------------------------------------------------
●(帰り)  
(記録無し) ⇒ 横浜
 山名 東吾妻山 (1,975m)
 山域 吾妻連峰
入・下山地 高湯温泉/土湯温泉  
 メンバー 単独
 メモ 避難小屋泊 
 
  Back
Copyright (c)  e-aruki Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁  (by Xinku Yingxing)